アルコール過敏症について

アレルギー性体質を持つ人にとって、 アルコールと接触すると、いろいろな過敏な症状が現われて来ることができます。お酒を飲むことが好きな人はそんなアルコール過敏症にとても苦しまれています。一般的にアルコール過敏症を持つ人はできるだけお酒を飲まないほうがいいと認められています。これから、アルコール過敏症の症状と食物対処方法を紹介させていただきます。

アルコール過敏症の症状
(1)急性過敏症
急性アルコール過敏症になる場合、短時間に症状が現われることができます。また症状ももっとひどいと報告されています。具体的な表現は赤く腫れ上がって掻痒と、まだ喉頭のむくみが現われて呼吸困難の状況になってしまいます。更にもし救急対策を採用しなければ、死亡になる可能性もあります。臨床的に急性アルコール過敏症の発病は少ないと言われています。
(2)慢性過敏症
慢性アルコール過敏症がよく報告されてきます。慢性アルコール過敏症の一般的な表現は酒を飲んだ後、全身的にかゆくて、全身的にあるいは局所的に赤いできもの、赤い斑点が現われて、そういう症状は1~2日を持続することができます。また、背中がかゆくて、そして赤いアズキの豆があって、発熱があること、全身は赤い斑を満たして、すごくかゆくて我慢できないという症状もあります。
(3)アルコール過敏症の臨床表現
アルコール過敏症の臨床表現と言うと、一般的に皮膚症状、呼吸器症状と消化器症状という三つの症状がとても目立つと報告されてきました。例えば、皮膚掻痒、湿疹、じんましん、めまい、吐き気、嘔吐、下痢です。また、ある人はアレルギー性ショックになる可能性があります。

アルコール過敏症の食物対処方法
(1)ヨーグルト
ヨーグルトは胃粘膜を保護し、アルコールを吸収することを緩めさせることができます。ヨーグルトのの中に含まれているカルシウムが豊富で、酒後にいらいらする症状を緩和することに有効です。
(2)バナナ
酒後に1―3本のバナナを食べて、血糖濃度を増やすことができて、血液にアルコールの比率を下げて、酔っ払いを解消することができます。同時に、それはまだ動悸症状を軽減して、みぞおちの鬱積をなくすことができます。

糖尿病の三大合併症について

サイエンスダイエット方法について

糖尿病食メニューや糖尿病食生活のご紹介