消毒用アルコールの詳細情報

消毒用アルコールとは医療分野等で消毒に用いられる外用のアルコール製剤です。消毒用アルコールについて、まだ詳しくない人がたくさんいます。今回は消毒用アルコールの詳細情報を紹介します。使用する前、了解してください!

消毒用アルコールの濃度について
消毒は一種の化学反応ですから、他の化学反応と同じように、 濃度が高いほど、反応温度が高いほど、反応時間が長いほど、その消毒の効果は高まります。しかし消毒には適当量の水分が常に必要です。70%エタノールがもっとも強い殺菌・消毒力をもつと言われてきましたが、現在では60~95%の濃度範囲であればその殺菌・消毒力にはほとんど差がないと言われています。

消毒用アルコールの消費期限
消毒用アルコールは、ガラス瓶入りの場合は、ほとんど変化しません。ポリ瓶の場合は、時間を経るとプラスチックからの成分がわずかに溶け出してきますが、使用期限内では、全く問題ありません。

消毒用アルコールの保管
直射日光を避け、なるべく涼しいところに密封して保管してください。なお小さなお子様の手の届かないところに保管してください。

消毒用アルコールの使用範囲
病院では、手指・皮膚の消毒、手術部位の皮膚の消毒、医療機器の消毒に使われています。
食品関係では、食酢、味噌、醤油の原料に使われています。また、保存料としてハム、ソーセージ、かまぼこなどの練り製品、塩辛、佃煮、漬け物、生麺類、カステラ、生菓子類に添加されています。
また、台所用液体洗剤、衣料用洗剤、柔軟仕上げ剤、住居用洗剤にも使われています。

☟汉方精力剂